LANGUAGE
  • Japanese
  • English
  • Machine translation
メニュー

世界が認めた椿の島!第64回伊豆大島椿まつり

プレスリリース
2019.01.10

伊豆大島(東京都大島町)では、2019年1月27日(日)~3月24日(日)の約2ヶ月間、第64回伊豆大島「椿まつり」を開催いたします。この期間、伊豆大島では、自生する約300万本のやぶ椿や国際優秀つばき園認定の3園に咲く1,000種を超える園芸種の椿の花が全島を華やかに彩ります。期間中には、椿の魅力を満喫していただく盛り沢山のイベントをご用意しております

1.島民と学生が一丸でつくる椿まつり

大島高校が「観光甲子園」で金賞受賞した旅行プランを、旅行会社がツアーとして実現!

都立大島高校の学生が企画した旅行プラン『東京の島伊豆大島TSUBAKI三昧の旅』が、 「観光甲子園」の訪日部門で全国87校227プランの中から金賞(準グランプリ)を獲得しました。大島高校の椿園は教育機関としては世界で初めて国際優秀椿園に認定されており、受賞した旅行プランでは、農林科の生徒が自ら育てた椿園を観光客に案内する行程も含まれています。今回、椿まつりの開催に合わせ、受賞したプランの行程を一部組み換えたものを、旅行会社数社と協力し商品化を実現しました。

文京学院大学発案の椿ランタンが、夜まつりをライトアップ!

文京学院大学の学生が考案した椿ランタンが、椿まつりの夜まつり会場を彩ります。椿ランタンは、2013年の大島の大規模土砂災害を受け、文京学院大学の学生が地域復興のため伊豆大島の魅力をSNSを介し視覚的に伝えることを目的として2017年から立ち上げられた企画で、ランタンは一つ一つ学生の手作りで作られています。また夜まつり会場ではプロのダンサーに指導を受けた島の子供たちが、「スーパーあんこ」としてダンスを披露しイベントを盛り上げます。

 

2.岡田港に新観光スポットが誕生!

船客待合所が新登場!富士山展望テラス付きのカフェを併設

椿まつり期間中である2月中に新しい船客待合所がオープンします。新待合所は、1階がチケットカウンター、2階が島の特産物の売店、3階がカフェスペースとなり、富士山が 臨める屋外テラスも併設されます。観光の新スポット、島民の憩いの場として活用される予定です。

 

3.最大61%OFF!往復きっぷが4月26日(金)まで!

利用便限定の高速ジェット船がお得! 東京発着往復5,980円、熱海発着3,980円!

東京から最短1時間45分、熱海から最短45分で大島に行くことができる高速ジェット船を、大変お特にご利用できます。期間限定で館山、稲取、伊東発着の往復きっぷもございます。

※東京発着1月の通常往復運賃・・・15,180円

※熱海発着1月の通常往復運賃・・・9,660円